月20万人のペースでユーザーが拡大。 
この規模にエンジニア魂が惹かれた。

engineer

01

サービス開発・運用本部 プロジェクトマネージャー

Makoto I.2013年1月入社

人気店の受付予約サイト「EPARKファスパ」の開発チーム責任者。各事業部からの要望をまとめプロジェクト化・統括するチームの要。現在、15人のメンバーを率いている。

四六時中担当しているEPARKファスパは当社の主力サービスかつ、非常に複雑なシステムなので、ちょっとしたエンハンスでも綿密な調査が必要。朝から晩まで常にEPARKファスパのことを考えていますね。

入社までのキャリアは?

社会人としてのスタートは、ITとは無縁の自動車業界からです。ただ当時からWEBサイトを作るのが趣味で、独学でスキルを磨いていましたね。それが高じて制作会社に転職し、その後さらにサイトの裏側の仕組みも知りたいと思うようになり、システムエンジニアに転向しました。ポータルサイトやポイントサイト事業を営む会社に移ってからは、システムエンジニア、ディレクター、プロジェクトリーダー、マネージャーとさまざまな経験を積み、今に至ります。

EPARKに入社したきっかけは?

前職の会社で10年ほど勤め、仕事は充実していたもののやり尽くした感を抱いていた頃に、当社で働く友人から誘われたのがきっかけです。その時初めてEPARKというサイトの存在を知りましたが、まずユーザーの多さに驚きました。ユーザーは月に20万人というハイペースで増加を続け、現在は1000万人を突破しています。今まで経験したことのない規模であったこと、そしてソリューションビジネスであることにも惹かれました。送客して終わりではなく、どうしたら安定的に店舗・施設の売上げを伸ばしていけるのか、システムでマーケティングし、課題を根本解決していける。可能性は無限だと直感しました。

株式会社EPARKで働く魅力とは?

ここまで一つの商材に投資できる会社はそうないと思います。大企業ならではの規模の仕事と、ベンチャー志向のスピード感は魅力ですね。現在「EPARKファスパ」というWEBで人気店や混雑施設の順番待ちができるというシステムを担当していますが、EPARK事業の中心となるサービスなのでやりがいは大きいですね。インフラやネットワークまわりなど、全員がスペシャリストの中、最適解を探していく工程はいつも刺激を受けています。エンジニアにとってはまだまだ体制が整っていない面もありますが、提案を受け入れてくれる風土なので、自分たちで会社を創っていく楽しみもあると思います。

今後のビジョン

今、当社は新たな挑戦をしていこうという過渡期にあります。このような中で自分の役割は、戦力になる人材、1つのプロジェクトを任せられる人材を育てていくことだと考えています。メンバーの数を増やすことはもちろん、一人ひとりの質も上げていかなければなりません。また、エンジニアたちがさらに自由な発想で開発を行えるよう、環境作りや制度調整にも注力していきたいです。

ONE DAY

07:00
起床・身支度
08:45
出社 メールチェック後、案件ごとにスケジュール・進捗を確認。また資料作成など
13:00
昼食 味噌カレーラーメンが最近のブーム
14:00
打ち合わせ 午後は進行中のプロジェクトの打ち合わせが多い
16:00
仕様確認 各プロジェクトの仕様確認
21:00
退社
22:00
自宅で夕食 料理が趣味。この日は得意料理の豚キムチ
25:00
就寝

撮影場所:NEX新宿ビル

PAGE TOP

採用情報

応募をご検討の方はこちらをご覧ください。

  • 新卒採用