事業戦略の揺らぎを安定させる、
ひとつとしてルーティンがない仕事。

planner

11

ソリューション本部競合調査・ビジネスモデル サブマネージャー

Teppei K.2014年4月新卒入社

親会社から異動後、本部に配属となり戦略策定の上流から携わっている。全体の事業戦略を把握し、問題点の発見・解決、経営陣への進言など重要な役割を担う。プライベートでは自炊にはまり中。

平日21:00友人と集まり飲みに行くときに飲食店の予約で「EPARKファスパ」を使っています。焼鳥屋さんによく行きます!

入社のきっかけは?

以前は親会社に在籍していましたが、担当していたのはEPARKの経営指標のアウトプットや事業戦略の提案など実は今と変わりありません。EPARKのことを四六時中考えていたため、もっと現場に近い場所での視野が必要だと考え異動することに。EPARKはグループ会社の中でも、また市場の中でも、新しいことに挑戦をし続けている事業です。つまり、戦略も人事評価などのルールも変化対応し続けていかなければなりません。これまでの既成概念にとらわれず、新しい提案ができる。そのようなところにも惹かれました。

現在のミッションは?

事業戦略に関わる問題点の発見・解決策の提案を通し、事業戦略の揺らぎを安定させる方向に修正することです。経営陣と現場の戦略に対する定義のズレを見つけ、戦略が大きく変わったこともありました。また、参入障壁・競合調査等から経営判断資料を作成し、経営陣が意思決定できる場を形成することも役割になります。会社の動向を左右する局面に関わっているため緻密さが求められますが、非常にやりがいのある仕事です。そして、戦略策定に携わるだけでなく各事業部への戦略共有まで行います。各事業部とのコミュニケーションを大事に、新たな兆しを把握することも重要ですね。

EPARKで働く魅力は?

スピードを大事に市場に一番乗りしたい。失敗を恐れずにまずはやってみる。という変化対応型経営なので、飽きる暇がない会社です。僕自身の仕事もルーティンがひとつもなく毎日毎週、別の課題に取り組んでいる。本当に日々変化していきます。また、ボトムアップで意見を発信したことに上が真摯に柔軟に対応してくれます。自分の意見をしっかり言える、自分の力を余すところなく生かし、さらに成長させてくれる会社はそうないのではないかと思います。もうひとつ魅力として上げたいのは努力家が多く、役職が上がれば上がるほど勉強をしているということです。もともとITとは無縁の部署にいた上司が今のポジションに配属後、誰よりも勉強してWEBマーケについて詳しくなっている姿を見て尊敬の念が強まりました。

今後のビジョン

やりたいことは「EPARKの未来を見つめ、いろんな人の夢を応援すること」です。そのために経営戦略、人事戦略、マーケティング戦略、資金戦略…、ひとつの分野に留まるのではなく、あらゆる分野に挑戦していき解決できる力を養っていきたいと思っています。今はアプリ開発というちょっと畑違いなことにも興味があり勉強しています。どんなことでも興味を持ち、アンテナを張って行動していきたいですね。

ONE DAY

06:30
起床
08:00
家を出る 電車の中で読書。経営・マーケの本が多い
09:00
出社 抱えているタスクの優先順位を決定し、着手開始
13:00
昼食 会社近くの和食屋さんでランチ
14:00
午後の業務 気が付いたら、タスクが増えている。。
19:30
資料作り 資料作りにエンジンがかかる。夜は長い
21:00
退社
22:00
帰宅 最近は自炊が趣味で、チャーハンやぺペロンチーノが十八番。技術向上に力を入れている
24:00
就寝

撮影場所:NEX新宿ビル 掲載内容は2015年12月時点の情報です。

PAGE TOP

採用情報

応募をご検討の方はこちらをご覧ください。

  • 新卒採用